KUMUの思い

 

KUMUの家は流行(はやり)に流されない『住む』を大切に。

「シンプルでスタンダード&トラディショナルデザイン」そして

「LOWメンテナンス&メンテナンスフリー」で大幅に維持管理コストを軽減。

経年毎に風合いを感じ、住むほどに新鮮さ、愛着が増し、

ずっと住み繋ぎたくなる家づくりを目指します。

 

古民家改修・再生・移築工事

リノベーションについてもご相談下さい。

KUMUの家 7つの事

 

 

 

 

1.  光や風の入り、年間の気候に合わせた設計

 

敷地の特徴をしっかり踏まえ、長所を活かし、短所をフォローする設計をしています。

 

石川県での太陽高度、風向きを考慮し、軒庇の長さ、窓の設置位置・大きさ、開閉方法を決定しています。

 

 

 

2.  現地調査を大切に設計

 

ご近所の雰囲気・窓の位置・交通量などを確認し、どこにくつろぐ場所をつくるべきか、現地を見て判断します。その次に車庫の場所を確定してから、建物の外形をおおまかに決めます。

 

 

 

3.  この場所で快適な暮らしを考える設計

 

窓が小さかったり数が少なかったりすれば断熱性能は上がります。壁が多く、吹き抜けが小さい方が耐震性は増します。それだけでは心地よい家にはほど遠く、家はバランスが大事です。性能値が高いだけの家では、住心地は良くならない。それがKUMUの考え方です。

 

 

 

4.  風と光を感じる自然体の心地よさを感じるパッシブデザイン設計

 

自然エネルギーを最大限利用することから、自然の恵みを感じやすい住まいとなります。温かい陽だまり、涼しい風、明るい太陽、家の中から感じる家を設計しています。

 

パッシブデザインとは、建物の構造や工夫により太陽の光や熱、風といった「自然エネルギー」を最大限利用し、快 適な住まいを作り出す設計思想、設計手法のことをいいます。

 

 

 

5.  素材の良さを生かした、シンプルで居心地の良いデザイン

 

飽きのこない普遍的なデザインを追求しています。目に映る無駄な線を一本一本消していくことで、シンプルなデザインになるように設計しています。 「なりゆき」ではなく、全て計画されたデザインです。

 

 

 

6. メンテナンスコストを考えたトラディショナルなデザイン

 

   板張りや塗壁、内装や屋根回りの意匠、プランニングの段階から出入口を引戸として計画する等、年月培われた伝統的な仕上げ方、工法を取り入れ、LOWメンテナンスで、年月と共に経年の風合い感じる仕様でトレンドに流されない、住み続けても飽きの来ないデザインとなるように設計をしています。

 

 

 

7. 20年後・30年後の暮らし方をイメージして設計

 

   住まいの大きさ、部屋数や部屋の広さなど平面計画、素材選びについても数十年後の暮らしのイメージもお聞かせいただき「ずっと住みつなぐ家」を設計しています。